いぶすきーの映画ぶろぐ

邦画を中心に、新旧問わずおもしろい映画・アニメをおすすしていきます^^
2011年02月11日

森村泰昌企画展、鑑賞。兵庫県立美術館へ行ってきました



2月11日、兵庫県立美術館へ行ってきました。

JR灘駅から歩いて10分程で、三宮から割と近いのでアクセスもよいです。

建築家安藤忠雄氏によるデザインで、モダンで開放的な場所でした。

今回のお目当ては、森村泰昌氏の企画展!
「なにものかへのレクイエム-戦場の頂上の芸術」というテーマでした。

自らが、三島由紀夫やヒトラーなどの歴史上の人物になりきって撮影。

率直な感想として、行ってよかったです。
忘れていた大事なことを思い出させてくれました。


関西を拠点に活動する美術家、森村泰昌氏が、歴史上の人物に自らふんして撮影した作品展「森村泰昌 なにものかへのレクイエム-戦場の頂上の芸術」(産経新聞社など主催)が18日、神戸市中央区の兵庫県立美術館で開幕した。

 今回は、物理学者のアインシュタインや作家の三島由紀夫、画家のピカソら、20世紀に活躍した偉人に森村氏が自らふんして撮影したセルフポートレートや映像など約43点を展示した。

 開会式には森村氏も出席し、「物言わぬ写真からメッセージを読み取り、改めて20世紀に思いを巡らせてほしい」とあいさつした。

 4月10日まで。一般1200円、大学生900円、高校生と65歳以上は600円。中学生以下無料。


http://sankei.jp.msn.com/life/news/110118/art11011812230042-n1.htm

三島由紀夫やピカソ…よく見れば森村泰昌 兵庫県立美術館で写真展
2011.1.18 12:18 より

個人的に、三島由紀夫を題材にした映像作品が印象的でした。

静聴せよ!の一言から、過激な演説に始まり、ラストシーンでの無関心な大衆…。

芸術や思想・言説がいかに受け流されているか。

現代の政治やコマーシャリズムへの批評眼が失われているか。

しばらく、その場を立てない程の衝撃と同時に、妙な高揚感を与えてくれました。

いつか読んだ「若きサムライのために」のことを思い出しました。



今読んでも色褪せない、先見性に溢れた刺激的な内容です。

社会に対する真の批評眼・芸術の矛先を思い出させてくれ、明日からの創造に励めそうです。


同じカテゴリー(日記)の記事画像
須磨離宮公園に行きました
京都”山部”新年会
マイブーム
手紙
アニメーション神戸に行ってきました。
休日の過ごし方
同じカテゴリー(日記)の記事
 須磨離宮公園に行きました (2011-02-27 13:29)
 京都”山部”新年会 (2011-01-11 02:03)
 マイブーム (2010-12-22 13:00)
 手紙 (2010-12-14 13:01)
 アニメーション神戸に行ってきました。 (2010-12-01 13:01)
 休日の過ごし方 (2010-11-29 13:00)
Posted by いぶすきー at 21:15 日記コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QRCODE
指宿 慎一郎の最近読んだ本

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
いぶすきー
いぶすきー
【自己紹介】はじめまして、いぶすきー(指宿)といいます。神戸で、WEB関係の会社でディレクター兼カメラマンとして働いています。愛知県、三重県、富山県、京都、神戸と各地を転々としています。

【趣味】映画・漫画・アニメ・読書・旅行です。
自転車で北海道から富士山を縦断したことがあります。

おもしろいものを広めていきたいと思い始めました。
皆さん、どうぞよろしくお願いします^^

■よかったら写真のぞいてみてください
http://fotologue.jp/ibusuki/