いぶすきーの映画ぶろぐ

邦画を中心に、新旧問わずおもしろい映画・アニメをおすすしていきます^^
2010年04月21日

地雷を踏んだらサヨウナラ



こんにちは、映画ブログのお時間ですicon12


先日、タイでロイターの村本さんの死亡が確認され、度々ニュースになっていますねicon11

実は、自分も1年程前にタイで写真を撮っていたんです。





ちょうど当時の宿泊先が、

事件発生現場からかなり近い場所だった

のを知り



※この景色の一歩先では・・・

恐怖は目と鼻の先にあるんだなぁーと感慨深くなりましたicon11


さて、というわけで、今回ご紹介するのは




地雷を踏んだらサヨウナラ:五十嵐匠監督



地雷を踏んだら、サヨウナラだ。

70年代初頭、激動のインドシナ半島、危険を冒してまで写真を撮りに行く戦場カメラマンである一ノ瀬泰造。


最後に悪名高きクメール・ルージュ(カンボジア大量虐殺を引き起こしたポル・ポト率いる共産党勢力)支配下の遺跡(アンコールワット)の撮影に向かった彼は、そのまま帰らぬ人となった。

今では観光地化が進み、当時激しい戦争があったとは到底思えなかった。



物語では、子供たちとの交歓、べトナム美人との淡い恋、日本への一時帰国時における姉の結婚や、カンボジアでの親友の披露宴といった、ごく平穏な風景の描写がされている。

これらが親しみやすく天真爛漫なキャラクターと相まって、逆に現場の過酷さ、悲惨さを浮き立たせている。

静と動のコントラストが絶妙だった。


彼が行方を絶ったまさにその日に生まれ、制作時の年齢が享年と同じ、さらに顔まで似ているという因縁の主演となった浅野忠信が、このうえなく印象的であり、浅野忠信はこの作品によって一躍時の人になったのかもしれない。



そういえば昔、こんな話を聞いたことがある。

戦場カメラマンの人が

「私達の仕事が戦場の写真を撮ることです。そして、私達の仕事の夢は、仕事が無くなることです」

と。

戦争の現実を伝える戦場カメラマンもいるとは思うが、彼は全く違うタイプだったのではないかと思います。

彼を突き動かしたのは、単なる好奇心だったのかもしれません。

しかし、戦争の悲惨さだけは現実にあって、その背後に死が見え隠れする。





作品:無題 

死ぬ覚悟のない者まで、死ななくてはならない戦争。

観た人は、きっと何かを考えさせられると思います。

一度は見ておいてほしい作品です。


-タイ・バンコクでの軍・警察部隊とデモ隊との衝突で、ロイター日本法人「トムソン・ロイター・マーケッツ」(東京都港区)は11日未明、日本支局社員でテレビカメラマンの村本博之さん(43)の死亡を確認したと発表-
http://mainichi.jp/select/today/news/20100412k0000m030050000c.html



同じカテゴリー(映画)の記事画像
パーマネント野ばら
告白
かもめ食堂
恋愛寫眞
8月のクリスマス
スラムドッグ$ミリオネア
同じカテゴリー(映画)の記事
 パーマネント野ばら (2011-02-09 12:57)
 告白 (2011-01-25 01:15)
 かもめ食堂 (2011-01-16 00:15)
 恋愛寫眞 (2010-12-28 23:56)
 8月のクリスマス (2010-12-25 13:51)
 スラムドッグ$ミリオネア (2010-12-13 13:00)
Posted by いぶすきー at 12:41 映画
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
指宿 慎一郎の最近読んだ本

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
いぶすきー
いぶすきー
【自己紹介】はじめまして、いぶすきー(指宿)といいます。神戸で、WEB関係の会社でディレクター兼カメラマンとして働いています。愛知県、三重県、富山県、京都、神戸と各地を転々としています。

【趣味】映画・漫画・アニメ・読書・旅行です。
自転車で北海道から富士山を縦断したことがあります。

おもしろいものを広めていきたいと思い始めました。
皆さん、どうぞよろしくお願いします^^

■よかったら写真のぞいてみてください
http://fotologue.jp/ibusuki/